OKULAB

COMPANY

BOARD MEMBER

  • 永松 修平(代表取締役/共同創業者)

    2006年、三洋電機株式会社(現・アクア株式会社) 入社。業務用洗濯機のエンジニアとしてクリーニング機器、コインランドリー機器の開発に従事。2013年、開発部門から営業企画部門へ異動し、新規コインランドリー事業者の開拓、全国のコインランドリーの売上分析に基づいた店舗マーケィングプラン策定、コインランドリーのIoTシステムのリニューアルなどに従事。2016年、株式会社OKULABを創業。Baluko Laundry Placeの立ち上げや、フレディレック・ウォッシュサロン トーキョーの洗濯サービスのトータルプロデュースなど、次世代のライフスタイルにおける新しい洗濯サービスを生み出す。

  • 久保田 淳(代表取締役/共同創業者)

    2006年、アディダスジャパン株式会社 入社。量販流通の法人営業を担当、2010年に農業ITベンチャーを創業し、食流通の課題をITで解決することを掲げ顧客開拓、食の分野のIT化の文化醸成に従事、2012年全株式を売却、同年ソニーピクチャーズ・エンタテインメント株式会社に入社し、新規事業開発とデジタルマーケティングを担当、2014年ハイアールアジア株式会社に入社、ジャパンリージョン・バイスプレジデント・コマーシャル事業部 本部長としてIoTなどの新規事業開発とコインランドリー事業全般を牽引。2016年、株式会社OKULAB創業。ITや仕組みの力をつかい、旧態ビジネスを進化させることで、顧客に、より最適で、より快適な付加価値の高い経験を提供できるサービスプラットフォーム企業をめざす。

荻原 勉(取締役)

1996年に株式会社第一勧業銀行入行​。その後タイムワーナーエンターテイメントジャパン株式会社(現ワーナーブラザースジャパン合同会社)、MHDモエヘネシーディアジオ​においてマーケティング及び事業開発に従事。2006年にソニーピクチャーズ・エンタテインメント株式会社に入社しデジタル配信事業及びビジネスプランニング部門の責任者を経て2014年ハイアールアジア株式会社に入社。ASEANリージョンCSOとしてタイ及びインドネシアにてハイアールアジアグループのアセアン事業戦略の構築に取り組むと同時にインドネシア販売会社の副社長も兼任する。その後ベンチャー企業の取締役海外事業責任者を経て2018年よりOKULABに参画。